ビル管理は資格が必要

ビルを始めあらゆる建物を管理するためにはさまざまな資格保有者をおく必要があります。建物内部には複雑な設備や仕組みがあるために、会社などの大小にかかわらず関係の資格を持った人が求められています。

ビルを管理するために必要な資格の分野は、電気系・消防系・熱源系・管理系・通信系に分かれています。管理するには管理系だけ資格を持っていればいいというわけにはいかず、法令で専門の知識や技術をもった資格・免状の保有者の設置が義務付けられています。 現在、ビル管理に関する資格取得者の求人が多くなっており、ビル管理会社だけでなく警備会社や商業施設などからも求められています。比較的従業員の平均年齢が高いことからも、再就職や定年後の仕事としても選ばれています。

一部で給料が安いと言われていますが、勤務先によっては経験年数を重ねることで給与アップが期待できます。たいていの企業で資格を持っていることや実務経験があると喜ばれたり優遇されたりするため、再就職や転職をお考えの時にも役立つでしょう。 その中でも職業訓練校へ来る求人は給料が高い上に応募者は限定されるため採用の可能性が高く狙い目です。しかし、未経験者の応募の場合はかなり高い倍率が予想されます。従って、まずは何かしらの資格取得をおすすめします。

当サイトでは、ビル管理に必要と言われている資格のうち人気の高いものを一部紹介しています。今後の資格取得目標の参考にして頂ければ幸いです。

▽特選サイト
ビル管理費、ビルメンテナンス費を複数の会社に一括見積出来るサイトです ⇒⇒⇒ ビル管理

Copyright © 2014 ビル管理に必要な資格 All Rights Reserved.